大阪市阿倍野区天王寺の眼科、たかいわクリニック眼科です。ドライアイ、目のかゆみ、視力の低下、コンタクトレンズなどご相談下さい。
  1. 緑内障

緑内障

緑内障とは?

緑内障とは、視神経が障害を受けて視野が欠けていく病気です。

緑内障の多くは周りからゆっくりと時間をかけて視野が欠けていくため、あまり自覚症状がありません。

一度狭くなった視野は改善することができないため、早期発見がとても重要です。


視野イメージ
正常
正常
初期
初期
中期
中期
末期
末期

主な原因

房水の産生が過剰であったり、流れが悪くなったりして圧力(眼圧)が高くなると眼の奥にある視神経乳頭(眼の中に神経や血管が入る場所)に負担がかかり、視神経に障害をもたらします。


眼圧とは?

眼球に一定の張りを与える圧力のことで、房水(ぼうすい)という水分がこの役割を担っています。眼圧の正常値は10〜21mmHg(ミリ水銀柱:圧力の単位)を目安としています。眼圧には個人差があります。


房水(ぼうすい)とは?

眼球を満たす液体のことで、水晶体や角膜(黒眼)への栄養補給と、老廃物の運搬、そして眼圧内の恒常化を保っています。



緑内障の種類

緑内障はさまざまな種類があります。

  1. 原発緑内障
    @)開放隅角(かいほうぐうかく)緑内障− A)正常眼圧緑内障(NTG)
    B)閉塞隅角(へいそくぐうかく)緑内障
  2. 続発緑内障
  3. 発達緑内障

1.原発緑内障

@)開放隅角(かいほうぐうかく)緑内障

隅角(ぐうかく:房水の流出路)にある線維注帯(せんいちゅうたい:フィルター)の目詰まりによって眼圧が上昇して起こる開放隅角緑内障です。

ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。


A)正常眼圧緑内障

眼圧が正常でも緑内障を発症することがあります。

40歳以上の約20人に1人は緑内障で、しかも半数以上は眼圧が正常の「正常眼圧緑内障」であることが分かっています。

正常眼圧緑内障は、開放隅角緑内障に分類されます。


B)閉塞隅角(へいそくぐうかく)緑内障

隅角が狭くなり、線維注帯がふさがって房水の流れが妨げられることで眼圧が上昇して起こる閉塞隅角緑内障です。

これは慢性タイプと、急激に眼圧が上昇する急性タイプがあります。

急性タイプの場合、眼の痛みに加えて、結膜(白眼)の充血、視力低下、頭痛、吐き気などが起こります。

放置すれば失明の原因になりますので、早急に眼科を受診してください!


2.続発性緑内障

他の病気や薬などが原因で、緑内障を併発してしまう病気です。

発症の仕方で症状が異なるため、そのタイプに即した正しい治療が必要です。


3.発達緑内障

隅角の発育異常により眼圧が上昇し、視神経が障害される病気です。

生まれつき眼に異常があり、10〜20代の比較的早い段階で発症します。

健診等による早期発見がとても重要です。

 

一方、眼圧が高くても視神経障害がない「高眼圧症」もあります。

これは、眼圧に対する視神経の強さに個人差があるためです。



緑内障の治療

治療により眼圧がさがると、視野障害の進行が抑えられます!

眼圧には個人差がありますので、各人にとって安全な領域まで下降させることにより視野障害の進行を遅らせることが大切です。

正常眼圧緑内障が多いことが分かった現時点でも、眼圧をいかに下げるかが緑内障治療の基本となります。

まずは、点眼薬1種類で治療を始め、効果が十分でなければ、2〜3種類の点眼薬を組み合わせたりします。

 

緑内障の点眼薬には2種類あり、房水の産生を抑制するタイプと、房水の流れを促進させるタイプがあります。

それでも眼圧が十分に下がらない場合は、レーザー治療や、手術を行います。

緑内障は慢性疾患であるため、根気強く永続的に治療することが必要です。

検査で早期発見を!

眼圧測定は重要な検査ですが、緑内障は眼底検査で発見されることが多く、視神経乳頭やその周囲を観察することはとても重要です。

緑内障は視野が欠ける病気ですので、視野検査は進行判定にも有用です。

阿倍野区以外にも、大阪市北区・大阪市天王寺区・大阪市中央区・大阪市西区・大阪市浪速区・大阪市住吉区大阪府堺市・大阪府松原市・大阪府東大阪市・大阪市柏原市・大阪府藤井寺市など大阪の様々なエリアや他府県からも患者様がいらっしゃいます。


☎ 06-6624-2226 〒545-0053 大阪市阿倍野区松崎町1-2-8 天王寺都ホテル地下1階 ≫地図を見る


診療時間

 
11:00〜14:00
(13:30受付終了)
××
16:00〜20:00
(19:30受付終了)
××××

※木曜・日曜・祝日は全科休診日となります。

お問い合わせはこちら